イギリスのお酒の文化 スコッチ•ビール•サイダー•ピムス

皆さんこんにちは。外苑ソーシャルアカデミーの山田です。日本はまだまだ残暑の季節ですが、イギリスはここのところ暑く、日中は30℃に達する日も少なくありませんでした。とは言え、湿度が低いので日本の暑さとは比べものになりませんが。イギリスはこれからストーミーな季節に入っていきます。7月に渡英してきた頃は日が長く、夜10時でもまだ明るかったものですが、ここのところ日に日に日照時間が短くなってきています。

さて、本日はイギリスの飲み物、特にお酒について少し紹介してみます。

イギリスのお酒といえばウイスキーやビール、そしてイギリス発祥ではありませんがイギリスの酒場で馴染みの深いジンなどを思い浮かべるのではないかと思います。

まずウイスキーですが、スコッチウイスキーが有名ですね。スコッチウイスキーはどのように作るかご存知でしょうか。まず麦を水につけて発芽させるところからウイスキー造りは始まります。麦を発芽させると、種の中のデンプンが分解されて甘みのある麦芽糖に変わります。さらにピートという燃料を燃やして麦芽を乾燥させます。この甘くなった麦芽を酵母で発酵させると、やがてアルコールを含む液体ができます。この液体を蒸留して、アルコール度数の高い蒸留酒を取り出します。これを樽に詰めて熟成させます。

こうして樽に蓄えられたアルコール度数の高い新酒は、概ね10年以上の熟成の眠りにつきます。蒸留したての新酒は尖った荒々しい味ですが、時間の経過とともに角が取れていき、やがて芳醇な香りのスコッチウイスキーに変わります。モルトウイスキーはおおむねこのように作られますが、醸造所によって味が少しずつ違い、それぞれの味を守っています。

イギリスは今も歴然とした階級社会ですが、ウイスキーは高級酒なので、かつては貴族たちが好んで飲みました。「ダウントン・アビー」というテレビドラマがあります。19世紀末から20世紀初頭、旧時代から新時代への過渡期のイギリス貴族の生活を描いたシリーズで、世界的な人気を博しました。時代考証や貴族の文化考証が厳密で非常にリアルなので、みなさんにもぜひお勧めしたいシリーズです。

主人公となるのはある伯爵家一家と、その屋敷で働く使用人たち。超上流階級の人々の生活と、執事から下僕、料理人や小作人といった労働者階級の生活が実によく描かれています。いわばイギリス世界の光と影。階級の違いによって生まれる彼らの生活の違いや考え方の違いもさることながら、階級によって食べ物や飲むお酒の種類も違うことまで、克明に描かれています。貴族たちが飲むのはワインやウイスキーですが、労働者たちはなかなか口にできません。特にウイスキーは上流階級の男性たちの飲み物で、伯爵が屋敷のサロンで飲むシーンがよく登場します。

さて、イギリスでもっともよく飲まれている飲み物といえば、圧倒的にビールでしょう。しかしご存知の方も少なくないと思いますが、イギリス式のビールは私たちがよく飲んでいるドイツ式のビールとはだいぶ違うものなのです。イギリス式のビールは、口当たりが軽く、ゴクゴクと飲み干し、あと口が爽快というようなビールではなく、どちらかといえば濃厚で重く、苦味が強く、一口ずつゆっくりと味わうようなものが一般的です。

最近ではどこのパブでもビールはよく冷やされていますが、昔はパブのビールは常温で供されるのが普通でした。もともと常温で提供される飲み物であることからも、爽快さを求める類の飲み物とは少々違うことが分かると思います。イギリス式のビールは、ドイツ式に比べて泡もあまり立たないものが多いです。ドイツ式のビールの多くは黄金色で透明感がありますが、イギリスやアイルランドのビールは琥珀色からほぼ黒に近い色をしています。ギネスはアイルランドのビールですが、系統としては似ています。ギネスほど黒くなく、琥珀色のものが多いですが。

イギリス式のビールは重くて濃厚なので、好き嫌いも分かれるようで、今ではパブにもドイツ式のビールがたくさん置いてあります。イギリスの人の中にもドイツ式のビールを好む人もあり、いつもハイネケンなどの軽いビールを飲んでいる人もいます。先週訪れたオクスフォードの有名なパブのカウンターには、日本のビールのタップがあって大変驚きました。イギリスで見たのは初めてです。ずっとオクスフォードにいるせいかもしれませんが。

 さて、私たち日本人としては、ビールといえば、ぜひつまみが欲しいところですが、イギリスの人々は、クリスプスのようなごく軽いおつまみを食べるか、もしくは何のつまみも食べずに、おしゃべりをしながらビールだけをゆっくりと飲んでいくことが多いです。とはいえ、味も濃厚なので、時には味に飽きてくることがあります。

ビールの飲み方の一つにシャンディーガフというカクテルがあります。普通日本ではビールをジンジャーエールで割ったものをシャンディーガフと言っていますが、本来はビールをジンジャービアで割ったものが正統です。ジンジャービアは本物の生姜を使っているので、ジンジャーエールよりも香りや刺激が強いのが特徴で、これで作ったシャンディーガフは濃厚で香りも豊かです。

パブでシャンディーガフを飲むのは簡単です。まず1パイントのビールをオーダーしたら、おしゃべりをしながらそれをゆっくりと半分まで飲んでいきます。半分まで飲んだところでカウンターに行き、ハーフパイントのジンジャービアをオーダーします。これを先ほどのグラスに注げばシャンディーガフの完成です。ビールの味にちょっと飽きてきたときに、少し目先の違うシャンディーガフに移行するのもパブスキルの一つなんですね。イギリスを訪れたときはこんな応用編もぜひ試してみてください。

もう一つ、イギリスのごく一般的な飲み物として忘れてはならないのがサイダーです。日本でサイダーと言うと、炭酸入りの甘い清涼飲料水を指しますが、イギリスのサイダーはリンゴなどの果実を醸造した酒になります。

100%のリンゴ果汁から作った酒なので、フルーティーでとても美味しいお酒です。CiderはフランスではCidre、つまりシードルですね。パブに入ったものの、「今日はちょっとビールは重いな」というときなど、サイダーは軽くて飲みやすいですし、ビールを何杯か飲む合間にサイダーで変化をつけるのも一つの飲み方です。

サイダーにも様々なブランドが存在し、大手のメーカーから小規模生産されたローカルなサイダーまで沢山の種類があり、どこのパブにもサイダーは必ず置いてあります。

大手メーカーとしては、アスポールやマグナース、ストロングボーなどの銘柄が有名ですが、それぞれ甘いものや酸味の強いもの、アルコール度数の高いものから低いものまで個性があります。その時の気分や気候、喉の渇き具合などで飲み分けるのもいいですし、飲み比べながら自分の味覚に合ったものを探してみるのもよいと思います。サイダーは元々はリンゴのお酒ですが、最近は洋梨やベリーの味のものも出ています。

サイダーのアルコール度数はビールと同程度の概ね4%から10%くらいまで。夏の暑い日に強い陽射しから逃げるようにパブに飛び込み、キンキンに冷えたサイダーを飲むのは本当に美味しいものです。こういう暑い日には、イギリスではビールにするかサイダーにするかとても迷います。

もう一つ、イギリスらしい飲み物として紹介したいのが、こちら。

ピムスNo.1というリキュールです。これは1870年代にロンドンで作られた、カクテルの原酒とでもいうべき酒なのですが、炭酸などで割ることで家庭でも手軽にカクテルが作れるように製造されました。ジンベースやウイスキーベース、ラムベースなど味が異なるピムスNo.1からNo.6まであるのですが、今でもイギリスで最も人気があるのはジン•スリングというカクテルの素であるジンベースのピムスNo.1になります。

ピムスNo.1に入っているのはベースとなるジンのほか、エルダーフラワーという甘い香りのハーブや、レモンなどの果汁、砂糖、それにいくつかのリキュール類です。ピムス自体はとても甘くほろ苦いのでそのまま飲むには適していませんが、氷を入れたグラスに入れたものを冷たい炭酸水で割って、レモンのスライスと果汁を搾って飲むのがおすすめです。こちらもどこのパブにも置いてありますので、気軽に飲むことができるイギリスの味です。

ここでは代表的なお酒だけを紹介しました。イギリスには多くのお酒と、パブの文化があり、今もイギリスの日常になくてはならないものとして存在し続けています。

ちなみになぜイギリスでこれほどビールが日常的に飲まれるようになったのか、また、ヨーロッパの人々(コーカソイド)はアジア人(モンゴロイド)よりもお酒が強いと言われます。もちろん個人差はありますが、統計上この差は歴然と存在します。なぜ人種によってお酒に対する強さに差が生まれたと思いますか?ヨーロッパ人が沢山お酒を飲んでアルコールに強くなったという俗説がありますが、そうではないんです。ここにも意外な原因があるのです。その理由についてはPodcastのほうで説明していきますので、ぜひご視聴ください。このコラムをご覧になってなってから視聴されますとイメージも湧きやすいと思います。

ついでに、海外旅行や留学に関係して結構ご質問があるので、GSAについてもごく簡単に説明しておきます。私たち外苑ソーシャルアカデミーは現役の高等学校教諭たちと、起業家・会社経営者が共同で立ち上げた大人のための学校です。公共の利益を目指す産学連携団体ですので、月1回の定例講座を中心に、社会人でも無理なく、極めてリーズナブルに学んで行くことができる形態をとっています。たとえば留学を例にしますが、留学ほどその取り組み方次第で成果が変わるものはないことをご存知でしょうか?準備や心構え、視点の違いで、10倍どころか、100倍以上(これはまったく大袈裟ではなく)得られる経験値に差が出るのが留学です。留学は行けばいいというものではなく、行けば自動的にそれなりの経験ができるものでもありません。なんとなくフワッと行くのではなく、支払ったお金の何倍もの価値が得られるように、そして「想像以上の凄い経験ができた!」と言っていただけるよう、私たちはその秘訣をお伝えしています。そのために必要な事には徹底して取り組みます。留学や海外旅行もせっかく高いお金を払って行くのですから、その土地を歩く醍醐味を最大化し、人と濃密に交わり、面白い経験を沢山しなければもったいないですよね。海外の滞在には人間世界の面白さが凝縮しているのですから、それを目一杯引き出したいのです。

私もこれまで4回にわたる留学と、十数回の渡英経験を生かして、質の高い海外旅行や留学を作り上げるためのお手伝いをしています。異文化体験を数段深いレベルにするには、英語以外にもいくつかのおさえておくべき急所があるのです。例えばキリスト教世界について、一回の講義で徹底的におさえ、キリスト教徒か私たちとは異なる見方で世界を見ていること、ヨーロッパやアメリカの人々がどんな世界を見ているのか理解できるようにします。

より正確に異世界の姿を理解するには現地でどこに目をつけるかの「視点」が重要です。また、生涯に渡り付き合うことのできる異国の友人ができると、普通の日本人が経験できないようなディープな世界を知ることができるかもしれません。さらに日本の文化を詳細に正確に発信しつつ、世界における日本を相対化して見ることを同時並行で行うことも重要です。また現地の知的階層との交流も広げるための秘訣も存在します。もちろん海外の治安や感染症などのリスクについてもお伝えします。語学を徹底的にやるのはもちろんですが、他にも必要なピースはいくつもあること、お分かりいただけましたでしょうか。私たちは大学生・高校生はもちろん、留学してみたい大人の夢を応援し、皆さんの留学や海外旅行の価値を最大化することで、一生の財産になるような本物の経験になることを目標にしています。

外苑ソーシャルアカデミーは留学だけではなく、あらゆる学びを楽しむ場所であり、最終的には人間世界を理解するための「大人たちのための学校」です。哲学、思想、経済、国際情勢、教育、歴史、宗教などの文系領域から、環境やバイオ、ウイルスといった理系分野、留学、ビジネスやIT、お金の教育まで、様々な分野を横断的に学びたい方にエキサイティングな講義と交流をお届けしています。社会人の方や大学生、ときに中高生まで参加しているので、全世代型の教育機関といってもいいですね。学校では話すことができない学びをとりあげ、タブー抜きに講義をし、互いに意見交換をしています。その一環として留学や海外体験をとても重要視しています。

GSAのディープトラベルの作り方については、エージェントや旅行会社、大学の国際交流課などのアドバイスとは全く比較にならないはず。なぜなら私たちは旅の手配のプロではなく、旅の中身を充実させるプロであること、そして一人一人の旅のためにしっかり時間を作って向き合うからです。「人間世界を理解するための探求」。GSAのリベラルアーツはまさにこの視点に立って構成されています。どうでしょう。よかったらあなたも知的好奇心をさらに深めてみませんか?

この記事は外苑ソーシャルアカデミーのホームページのコラムです。ぜひホーム画面からGSAの全体像や、これまでの定例講座の内容などチェックしてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました